家族のリスクマネジメント勉強会のタチバナです。

おかげ様で、参加お申込みが増えております。

一般参加10名様、スタッフ6名確定定員26名です。

(4/12 18:30現在。仮予約を除いた数です。) 
ありがとうございます<(_ _)>
残りわずかです。


お越しいただければ解るのですが、
私の顔には生まれつきのアザがあります。
胎児の頃に自分の手が圧迫していたせいだと聞いてます。

今となっては、全く気にもしていないのですが、
私が幼少の頃、母親はずいぶん悩んでおりました。

何度か故郷・伊勢から東京の大病院にまで
連れていってくれ、当時としては珍しかった
レーザー治療を何度か受けさせてくれました。

そりゃあ小さい頃、これが原因でいじめられた事が
全くなかったわけではありません。
でも、もっともっと大きなアザがある人に
比べれば大した事はありません。

それでも母親は力を尽くしてくれました。
母親とはそういうものなんだなとしみじみ思います。


当勉強会にも、様々なお母さんが参加されています。

今日は、その内の首都圏にお住まいのお1人が
つい先日、4月8日にツイートしておられたものを
ご本人の承諾を得て、掲載させていただきます。

昨年の震災後1~2ヶ月の頃を振り返って
書かれた内容のようです。
今これをお読みくださっている皆様とは
放射能に対するスタンスが異なるかもしれません。
少し乱暴な言葉の箇所もあるかもしれません。
しかし彼女なりに苦悩しておられた様子が切々と伝わってきます。

彼女がいつ当勉強会講師・半谷さんにたどりついたのか
それは、まだうかがった事がありません。
しかし、彼女が「本当の安心」を求める気持ちが
繋がったのだろうと思います。

半谷さんはおっしゃいます。
私で良ければどんどん利用して欲しいのです。 
私もみなさんの要望に応えるため日々努力しています。 
放射線に苦しむ福島だけでなく、全国のみなさん、
特に家族の中の弱者である若いお母さんたちのため。 
 」

それでは、ぜひお読みください。

そして、当勉強会にお越しいただき、
本当の安心を得るための、
新しい視点を、あなたにそっと添えて下さい。

=====

首都圏Aさん(主婦)の4/8のツイートより

去年の3月4月は、災害時の乳幼児栄養についてと、妊婦・授乳婦の被曝についての情報を厚労省や産科医学会などのサイトでチェックして、携帯しか見られない妊婦さんのためにPDFや転載禁止の内容を要約してコミュに貼り付けたりしてたんだった。自分も妊婦で必死だったなぁ。
(※タチバナ注:3月となっているが4月だと思われる。コミュ=ソーシャルネットサイトの掲示板ページのこと。)

「もしこの情報が間違ってたらコミュメンバーの方の健康を害することになるかもしれない。もしデマだったらどうしよう」とすごく不安だったけど、厚労省や各分野のお医者さんの学会、JALC、みんな、言ってる内容は同じだった。「これが全部間違いなはずはない。きっと大丈夫だ」と信じた。
(※JALC=NPO法人日本ラクテーション・コンサルタント協会、国際認定ラクテーション・コンサルタント及びその他の母乳育児支援にかかわる専門家のための非営利団体)

私の要約記事を読んで安心し「携帯しか見れなくて、すごくありがたい」とコメントしてくれる人達もいた。でも数か月後にその人のページにアクセスしたら、アク禁になってた。。ショックだった。。
(※アク禁=ソーシャルネットサイト内で特定人物をアクセス禁止にして、自分のページを閲覧できないようにすること。一方的な人間関係の断絶を意味する。)

別コミュのコメントで彼女が最初放射能を気にせず過ごしてしまったことを後悔している旨の発言をしているのを見た。私はきっと安全デマを広めて信じ込ませたひどい奴と思われるようになってたんだろう。。

妊婦で毎日眠くて疲れやすくて頭も普段よりさらに鈍ってて…それでも、とにかく必死に画面を見つめて、内容を要約までして、携帯で見やすいように考えてアップしたのに。ほかの人にはきっとわからないと思うけど、2歳児の面倒を見ながら、つわりで吐きながら、なかなか骨の折れる作業だったんだゾ…

それなのにアク禁とはなぁ…

武田先生のブログも見たし、そのほか、ネット上ではとにかく大混乱な感じだった。で、私が思ったことは、「多分パニックに乗じて煽る元から反原発の左翼の人達と、それに踊らされてる人達がいるはずだ」ということと「めちゃめちゃ頭のいい理系の人達はきっと動じていないはずだ」ということ。

武田先生のブログはなんか書き方が微妙で信用していいのかわからない感じがした。元からあの先生は好きではなかったし。でもこのブログは多くの人が信用しそうだなという気はした。で、とりあえず「めちゃめちゃ頭のいい理系の人」発信の情報を探す。が、なかなかそういうものがなかった。

5月頃になると周りの先輩ママが騒ぎ始めた。明らかに、左翼っぽい言説に煽られてる感じだった。が、「めちゃ頭のいい人の動じない発信」も1つか2つしか見つからず、そして見つかったものも、私の個人的疑問のかゆいところに手が届くような内容ではなかった。それで結局私も不安になってしまった。

この最初の頃に「めちゃ頭のいい人の動じない発信」として私がまめにチェックしてたのが「市民のための環境学ガイド」のサイトだった。これを書いている人物が誰でどういう業績のある人なのかなど知らないまま、「ここのサイトはなんだか信用できそうだ。とりあえず武田教授よりはよさそうだ」と思った
(※市民のための環境学ガイド=国際連合大学名誉副学長・東京大学名誉教授・安井至氏の開設するサイト)

「市民のための環境学ガイド」の放射能に関する更新がもっと頻繁だったら、もっと私も安心していられたんだろうな…超頭のいい人は有能敏腕だから時間がない。だから、そういう人のボランティア的な発信は、絶対数が少なくて当たり前。と頭ではわかっていたけど、やはり数が見つからないと不安だった。

それで、だんだん「煽っていない、動じていないように見えるのは、いろいろわかってるからじゃなくて、この人がお年寄りだからかもしれない」とか「やっぱり事態は私が感じている以上に深刻なのかもしれない」とか思い始めた。この時期は毎日のように夫と口論してたなぁ。不安を口にすると夫が怒るから。


以上です。お読みいただきありがとうございました。

勉強会の開催概要とお申し込みはこちら。
横浜の勉強会が動き出しました。
お知り合いがいらっしゃったら教えてあげて下さい。