こんにちは。そして、はじめまして。
ご挨拶が遅くなってしまいましたが、6月17日付けで愛知支部長となりましたイノマタと申します。

簡単に自己紹介させていただきます。
前支部長からのご挨拶でもありましたが、私は福島県福島市出身で、現在は愛知県内の大学に通う大学生です。
日進市で起きた福島県製造の花火打ち上げ中止問題で大きく動いておりましたので、もしかしたらご存知の方がいらっしゃるかもしれません。

さて、昨今大飯原発の再稼働によって、再び原発の安全性に対する意識が大きくなってきたと思います。
私自身は、原発の賛否については、どちらサイドでもありません。
ですので、賛成の方の意見もよくわかりますし、反対の方の意見も同じくよくわかります。
しかしながら、「絶対安全じゃないから反対」という方の意見だけはわかりません。
そもそも、絶対安全ってなんでしょうか?

例えば、火力発電にだって火力発電の、水力発電にだって水力発電の、それぞれリスクってありますよね。
日常生活だって、クルマが走っている訳ですから、一種のリスクと言えます。事実、事故も起きていますからね。
今生きているこの世の中では、絶対なんてものはそう簡単じゃないと思います。ましてやリスクに関してであれば、なおさらです。

特に、放射線・放射能と食品の安全性といったリスクをマネジメントする…
それが、われわれ家族のリスクマネジメント勉強会です。

今後、愛知支部での充実した活動のために動いていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。