第1回の御礼と近況報告です♪

こんばんは。
家族のリスクマネジメント勉強会in愛知、タチバナです。

今日は子供の日。
多くの方がお子さん、お孫さんの幸せを願ったことでしょうね!
わが家は残念ながら男の子がおりません。
女の子が……………3匹、デス(笑)。
 
先日4/29、わが勉強会には、大人20名様、子供5名様にお越しいただけました。
ありがとうございました<m(_ _)m>

会場が狭かったこと、
お天気に恵まれて部屋の中が暑くなってしまったこと、等々…
ハード面 でもご不便をおかけしてしまいました。

また主催者サイドの時間配分の不慣れがございまして、
質疑応答に充分な時間が配分できなかったこと、等々…
悔やまれる点が多く残されてしまいました。

一方で、疑問が解決できた、事実に裏打ちされていて納得がいった、等々…
講演内容にご評価いただいた方も多く、嬉しく思います。

かなり情報量的には充実、あるいは過剰なほどの内容だったと思います。
講師の半谷氏も「初回なので、できるだけ網羅しておきたかった」と
おっしゃっておられました。
2回、3回と勉強会を重ね、より深く、実になるように
「リスクマネジメント」 を皆さんと一緒に学んでいけたらと思います。
 
引き続き、皆さまに良き学びの機会を提供できるよう、私も努めて参りたいと思います。


さて、その後、私は5/3に開催したin横浜の勉強会にも参加しました。
名古屋で受付を手伝ってくれていた、私の妻も一緒に。

もちろんまったく同じ内容ではなかったのですが、
2回聴くと、さすがにだいぶん頭の中が整理されてきた感じです。

最後、部屋を閉める時まで、スタッフと一緒に残られていたお母さんが印象的でした。

半谷氏が、今日、彼女について書き綴っていました。

講演後、赤ちゃんを抱きながら参加して頂いたお母さん。 
頑張って来た自分を、笑顔と涙で私に報告。 
一年と一ヶ月の混沌の出口にたどり着いたようです。 
「初めて、目の前の人から馬鹿されないで話を聞いて頂けました」と、
お礼のメールも頂けました。 
  


私は……

彼女をここまでずっと縛ってきたものとは
いったい何だったのだろうか?

……と、この「放射線シンドローム」とも感じられる社会現象について、
帰りの新幹線でしみじみ考えておりました。

名古屋での2回目の勉強会も、ぜひ開催したいです。

そして、勉強会だけにとらわれず、様々なスタイルで発信してゆきたい……
妻とはそういった話をしながら帰ってきました。

勉強会は、5/13京都25/27郡山6/3茨城県2水戸市6/17埼玉県三郷市2
と連続して開催されてゆきます。
連休明けからは、半谷氏の伊達市での「心の除染」活動も始まります。
引き続き、ご注目くださいませ。


さて今日は毎日新聞さんの希望新聞のページに、
ぜひ皆さんに問題提起の材料としていただきたい記事が
掲載されましたので、ご紹介して終わりたいと思います。


つながる:ソーシャルメディアと記者 誤解多い「放射線の影響」=斗ケ沢秀俊 
毎日新聞 2012年05月05日 東京朝刊 

 2月下旬、「週刊文春」が「福島県から北海道に避難した子ども2人が甲状腺がんの疑い」という記事を掲載した。 

 私はツイッターで「福島第1原発事故から1年で放射線に起因する甲状腺がんが発生することはない。 文春の記事は、事故と関連があるかのように印象付けている点で、勉強不足、または売らんがための記事だ」と批判した。 

 私のツイートを見てくれているフォロワー(現在5900人)の何人かがそれをツイートしてくれ、一気に広がった。 フォロワーの医師がすぐに、甲状腺がんの詳細な説明付きで「原発事故とは無関係」と断じる連続ツイートを返してくれた。 一連のツイートは誰かの手によって、誰もが読めるようにまとめられた。ツイッターの魅力である「双方向性」と「情報拡散の広さと速さ」を物語るエピソードだ。 

 ツイッターを始めたのは昨年3月下旬。政府が放射線の影響について「ただちに健康に影響しない」と紋切り型の説明しかしなかったため過剰な不安が広がっていた。 3月18日に「記者の目」で「現時点では健康影響はない」と書いたものの、本業は環境活動を実践する部署の責任者だから、通常の記事は書けない。そこでツイッターでの発信を思い立った。 ツイート内容は主に原発事故関連だ。メディアには根拠の不確かな情報が飛びかう。 子供の鼻血や下痢の症状があたかも放射線の影響であるかのように報じた朝日新聞、東京新聞の記事や、「福島、郡山市には人が住めない」との見出しの虚報をした著名ジャーナリストを批判した。 時には、毎日新聞の記事にさえも矛先を向けた。放射線を過剰に危険視している人たちからは「御用ジャーナリストは引っ込め」などの非難を浴びる。科学環境部記者だった私は一貫して脱原発を主張してきたのだが。 

 返り血を覚悟で批判する理由はただ一つ。放射線の影響に関する誤解や根拠のない情報が福島県や周辺県に住む人々を不安にさせたり、福島県民差別につながることを防ぎたいからだ。 【水と緑の地球環境本部】 

 

【満員御礼】

おはようございます。
家族のリスクマネジメント勉強会のタチバナです。

携帯からの更新で失礼します。


昨夜のお申し込みで

大人21名様、子供5名様

満員御礼となりました。

お申し込みいただいた皆様、関係各位に厚くアツく御礼申し上げます。

当日までにマスコミでご紹介いただける可能性もあるため、今後の申し込み状況に備え、同施設内の広い部屋への会場変更も視野に入れて、すでに仮押さえしております。

土曜日にジャッジし、ご報告させていただきます。


※予定通り第1集会室にての開催とさせていただきます。(4/28 PM2:30)


ふぅ。嬉しい誤算です。

でもそれだけ3.11の影響が大きいという証でもあります。


今一度、3.11で、その後の自殺や避難先での死亡も含め、犠牲になられた皆様に、哀悼のまことを捧げます。

また現在も避難生活や放射線防護に心痛めておられる皆様に、慎んでお見舞い申し上げます。

引き続き当勉強会は、リスクコミュニケーションにより、皆様の不安解決のソリューションを提案・発信し続けて参ります。



このハンバーグの件、どうでしょう?

こんにちは!
家族のリスクマネジメント勉強会のタチバナです。

なんだか急に暑くなってきました。
皆さま、体調管理にお気を付けくださいね。

いよいよ勉強会の4/29が近付いてきました。
当日は今のところお天気は良さそうです。
皆さんをお迎えするための最終準備中です。

ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、
4/10、NHKさんのクローズアップ現代が
「広がる放射能“独自基準”~食の安心は得られるか~」
というタイトルで放映されました。 

その中で放射能問題で苦悩なさっている
食品流通業界の皆さんが様々登場されました。

その中のお一方。
岩手県岩泉地方の食肉加工業
「モーとんふぁみりー」の工房長・穴田光宏さん。

14







番組中では、こんな風に紹介されていました。

「セシウムが微量であはあるけれども、含まれた牛が来てしまった時点で、普通(の会社)であれば当然加工してお客さまに販売するわけですけど、それをまず販売していいのだろうかというのが最初の悩みですよね。」

悩んだ末に最も低い25ベクレルが検出された牛肉を使い、ハンバーグを作ることにしました。
作ったハンバーグは念のため検査機関に分析を依頼しました。
検出された放射性セシウムは1キログラム当たり5.8ベクレル。
ある試算では毎日およそ30個ずつ1年間食べ続けて食品からの被ばくの限度に達する数値です。

さらに、検査の結果をパッケージに表示することにしました。

「ここに放射性セシウムが6ベクレルですと表示をして。」

「お客さんたちはうちを信用してくれて、信頼してくれてずっと買ってくれているので、そこでもしセシウムの表示をしないで販売をした場合には、やっぱり信用、信頼がなくなってしまうんだろうなぁと。」

しかし、消費者の反応は冷ややかでした。
1月に発売した400個のうち4割が売れ残り、賞味期限が切れる来月初めには廃棄処分にしなければなりません。
今も、合わせて800キログラム、ハンバーグにして4000個分の牛肉が冷凍庫に保管されたままです。

「セシウムが入っている食品を作らざるを得ない、そういう生産者がいて、それをどうするのかというのは、消費者の方にやっぱり考えてもらいたい。
それをどうするのかという議論が抜けてしまうと、やっぱり、表示をしないまま世の中に出回ってしまうということにつながるんだろうなと。」


私、 この番組を観た後、
AMAZONでこのハンバーグを買ってしまいました(^_^;)
とりあえずここでは、感情論は抜きにして、
ブログネタ作りの取材という事にしておいて下さい。

morton4
















表示されてますね。

「モーとんふぁみりー」さんはだいたい、この辺にあります。 
岩手県岩泉付近  
morton_map


























そして昨夜とどきました!(*^_^*) 
今日1日解凍して今夜、いただきます。 


で、ですね、
中に「工房長から」という4/14発行のニュースが入っておりました。 

ぜひ皆さんにも読んでほしくて、掲載させていただきます。 
moton1































moton2






























関連して、この中に出てきました
「セシウム牛を食べる会」の新聞記事も見つけました。
ぜひこちらも読んでみてください。 

sesiumuushi























皆さんは、この件、どうお考えにななられますか? 

私は19歳からタバコを吸っては止め、吸っては止めしてきました。 
4/29の勉強会で、講師の半谷さんに詳しく教えていただけますが…。 
たぶん、このタバコによって受けてきたリスクの方が、
このハンバーグより桁違いに高いって言われるんだろうなぁ…。 


ある意味、orz

リスクマネジメントして、完全禁煙しちゃいますかねぇ(^_^;)
あっ、書いてしまった、こんなこと。


当勉強会は
5/3 横浜市 http://krmtokyo.jugem.jp/?eid=28 
5/13 京都市 http://blog.livedoor.jp/rmkyoto/archives/4977362.html 
5/27 福島県郡山市
ほか、茨城県水戸市、埼玉県三郷市でも開催予定です。 

 
 
名古屋は…まだ少~しだけなら、入っていただけます。
日がせまってますので、ぜひお電話にてお申込みください。
タチバナ  070-5407-5257
 
@krmaichi のツイート
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ